当院について

アオハルクリニックは東京の六本木で10年以上お客様から支持され続けている美容皮膚科クリニックです。ロート製薬も開業以来、アオハルクリニックをサポートし協同し続けて参りました。

この経験と100年以上皮膚を研究し続けたロート製薬の経験を活かし、2015年、ロートメンソレータムベトナム社の事業として、ROHTO AOHAL CLINICを開業致しました。

ロート製薬は1899年の設立より、日本のリーディングヘルスケアカンパニーとして発展し、当社製品は世界150ヶ国で販売されております。ロートメンソレータムベトナム社は1996年に設立され、20年以上に渡り、ベトナムの方々の美と健康に貢献して参りました。

ROHTO AOHAL CLINICは、日本の製薬会社として、医療機関として、厳しい日本の品質・安全基準に従い、またお客様本来の美を最大限引き出すため、メスを使用しないトリートメントをご提供いたします。加えて、ロート製薬の製品開発を通して得られたスキンケアと皮膚科学の知識を融合させ、効果的なトリートメント方法を提供致します。

お客様に御支持頂きまして、2018年には2号店もオープン致しました。当院の得意分野である、色素沈着(しみ、そばかす、肝斑など)の治療を中心に、最新テクノロジー、高い技術と豊富な経験を持つ医師たちを揃えております。また、日本からのアドバイザリードクターの協力もあり、活発な意見交換も行っています。今後もお客様の声をもとに更なる発展をすべく、日々精進して参ります。

ROHTO AOHAL CLINICは、お客様から信頼されるクリニックであり続けるために、常に進歩し続けることを目標としております。そのためにも施術中の不快感や痛みを最小限にとどめ、快適で効果の高い美容トリートメントを提供するよう努めます。

「お客様満足度」はあらゆる場面において、私たちの最も重要なビジネスの指標と考えています。

「アオハル」という言葉は日本語の「青春」を語源とする造語で、「永遠に若々しく活発な人生」という意味を込めています。ROHTO AOHAL CLINICは、お客様ご自身が持つ、肌本来の健康で若々しい美しさと肌への自信、そして心地よいひと時のご提供をお約束します。